忍者ブログ
瘋癲爺 拙痴无の戯言・放言・歯軋り
[408] [407] [406] [405] [404] [403] [402] [401] [400] [399] [398]
1fd50941.jpg 朝食後、桜橋通りから四つ目通り、春日通りを西進、厩橋を渡り、並木通りから浅草寺境内に入る。秋晴れの好い天気で空気も心地よい。昨日から浅草菊花展が開かれている。朝から修学旅行や外国人観光ツアーなどで境内は混み合っているなかを抜けて、東参道から隅田公園に入り、公園内を通って帰宅する。万歩計の記録は10095歩、6.5km。
0b1eb3ae.jpg
d7c7a098.JPG 浅草寺境内で出品作品をカメラに収めながら、つい先だって目を通した陶潜の「飲酒二十首」の「其七」を思い出す。飮酒其七《読み:秋菊(しゅうきく)佳色(かしょく)有り、露(つゆ)を裛(まと)うて其(そ)の英(はなぶさ)を掇(と)る。/此の忘憂の物に汎べて、我が世を遺るるの情を遠くす。/一觴(いっしょう)獨(ひと)り進むと雖(いえ)ども、杯(さかずき)盡(つ)きて壺(つぼ)自(おのずか)ら傾(かたむ)く。/日(ひ)入(い)りて群動(ぐんどう)息(や)み、歸鳥(きちょう)林(はやし)に趨(おもむ)いて鳴く。/嘯傲(しゅうごう)す東軒(とうけん)の下(もと)、聊(いささ)か復(ま)た此(こ)の生(せい)を得(え)たり》訳:「秋の菊がみごとな色に咲いた、露にぬれながらその花びらをつんだ。「憂さ払い(酒)」に浮かべると、世俗から遠くはなれたわたくしの思いがいっそう深まるようだ。独酌でちびりちびりやっているが、杯が空になると、知らぬまに手が動いて、徳利を傾け杯を満たしている。/日が暮れて、もろもろの動きもやみ、鳥たちも林のねぐらに鳴きながら帰って行く。わたくしも東の軒下で心のびやかに放吟する。まずはこの人生の真骨頂(自由)をとりもどしたか、今日もまずまず無事に過せたか」
菊は不老長寿の薬とされている。忘憂の物とは酒のこと。この酒に菊の花を浮かべて飲むことは中国古来の慣習であった。「嘯傲」嘯は口笛を吹くこと、またはうそぶくこと、傲は自由で物事に縛られないことである。
 こんな糞ったれ爺にとって、この先政治向きのことはどうでもよいと思いながらも、ついついニュースに目が行ってしまう。
fd453c01.JPG 《民主、社民、国民新3党による鳩山内閣の発足から16日で1カ月がたった。衆院選マニフェスト実現の前に「現実」という名の壁が立ちはだかっている印象だ。鳩山由紀夫首相や閣僚は、政治主導でこの壁を乗り越えることができるのか。
 「対等な日米関係」を掲げる首相は、いきなり米国の意向に突き当たっている。マニフェストでは米軍再編を「見直しの方向で臨む」としていたが、普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、米側が同県名護市に移設する現行計画の実施を強く求めており、事態打開のめどは立っていない。平野博文官房長官は十五日の記者会見で「オバマ米大統領の来日時に答えを出すように努力はするが、現時点で答えを持っているわけではない」と認めざるを得なかった。インド洋での海上自衛隊の給油活動は、方針通り来年一月に撤収することを米国側に伝えた。とはいえ、給油に代わるアフガニスタンへの人的支援策は定まっていない。
 前原誠司国土交通相は就任早々に八ッ場ダム(群馬県)建設中止を表明した。マニフェストに忠実な行動といえるが、地元住民や関係自治体は反発。前原氏は地元の理解を得るまで中止手続きに入らないと明言し、調整には手間取りそうだ。対照的に、慎重さが目立つのは長妻昭厚生労働相だ。前政権の方針を容認し、日本年金機構を来年一月に発足させることにした。野党時代には反対していたが、新規採用者が内定している現実に配慮。結果として歳入庁創設を記したマニフェストを軌道修正した。
 一カ月でマニフェストがぶつかった課題をどう克服するのか。鳩山首相は十五日も「マニフェストは国民との契約だ」と力説。「マニフェストの実現よりも、国債をこれ以上発行してはならないと国民の意思が伝えられたら、そういう(見直しの)方向もある」と述べながらも「(赤字国債の抑制と政策実現の)両立は決して不可能ではない」と語気を強めた。》(10月16日 東京新聞朝刊より)

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
ハンドルネーム:
目高 拙痴无
年齢:
85
誕生日:
1932/02/04
自己紹介:
くたばりかけの糞爺々です。よろしく。メールも頼むね。
 sechin@nethome.ne.jp です。


小冊子の紹介
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 3 5
8 11 12 14
16 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[中公房 09/18]
[中公房 08/20]
[中公房 07/31]
[爺の姪 07/30]
[爺の姪 07/16]
[爺の姪 06/30]
[爺の姪 06/29]
[爺の姪 03/15]
[中公望 02/17]
[爺の姪 02/14]
最新トラックバック
ブログ内検索
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 瘋癲爺 拙痴无の戯言・放言・歯軋り All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]