瘋癲爺 拙痴无の戯言・放言・歯軋り
[1] [2] [3] [4] [5] [6]

昨日から、印刷を始めましたが、まだパソコンの障害が持続しているようです。


昨日Jcomの遠隔操作で、スキャンが出来るようになったと思っていたのですが、今朝試してみるとどうもうまくできませんでした。印刷については、今まで、印刷中にパソコンの右画面にトナーカートリッジの残量表示、印刷枚数の表示が出たのですが、これが表示されなくなりました。


今朝ほどjcomに電話し、遠隔操作でいろいろと試してくださいましたが、スキャンのほうは何とか出来るようになったのですが、トナーカートリッジの残量表示・印刷枚数表示のほうはうまくいかないようで、ブリタ―の再設定が必要ということでした。




早速、プリンターのマニュアルを見ましたが、この爺にはよく分かりません。


MN氏より、メールが入っていました。曰く、


おはようございます。


確認しました。


早々に連絡したので直ぐに回復出来て良かったです。


電話でやり取りしてサポートをしてくれるのは有り難いですね。


また何かありましたら連絡下さい。 M


早速、事情を書いて、返信しましました。曰く、


 昨日から印刷を始めましたが、パソコン障害以前には画面の右下に出ていたトナーカートリッジの状態、印刷枚数が出ません。


今朝ほどjcomに電話し、いろいろ遠隔操作してもらったのですが、旨くいかないようです。プリンターの再設定をする必要があるとのことですが、プリンターのマニアルを開いてみましたが、良くわかりません。


Jcomのインストラクターに来訪して診て貰ったほうが良いのでしょうか。


いやはや、次から次へのトラブルで嫌になってしまいます。


電話でも、メールでも構わないのでどのようにするのが良いか、教えてくだされば、幸甚です。  日高節夫


MN氏より、メールが入りました。曰く、


日高先生


jcomに連絡しましたか?


今朝メールしたのですが届いていないようなので再送します。


成島くんは夫婦でシンガボールで、関口くんはタイの彼女とバカンスを楽しんでおります。


写真が送られてきたので送ります。




 


早速返信しました。曰く、


メールありがとう。


昨日のブログに書いたようにJcomに電話しました。


いろいろとご手数を取らせて誠にすみません。


今後とも宜しくお願い致します。  日高


 


関東大震災後に作られた河川橋や東京オリンピック後に網の目のよう張り巡らされた高速道路などの老朽化が大事故につながるのではないかと問題にされていますが、イタリアで、大きな橋の崩落があったようです。


ウェブニュースより


高架橋が崩落、死者は26人 車多数巻き添え イタリア ――  イタリア北部ジェノバで14日、幹線道路の橋が崩落し、通行中の車などが巻き込まれた。ANSA通信は当初、少なくとも35人が死亡したと報じた。トニネッリ運輸相は「甚大な惨事だ」と語った。同通信は14日深夜になり、ジェノバがあるリグーリア州当局の情報として、死者は26人で負傷者のうち9人が重体と報じた。


 崩落したのは川や鉄道の上にかかる高架橋。崩落部分の長さについては80メートルから200メートルまで情報が交錯している。車30台ほどが通行していたとみられ、死者がさらに増える可能性もある。




崩落は午前11時半(日本時間午後6時半)ごろ、土砂降りの雨のなかで発生したという。橋は1967年に開通した。


ジェノバは地中海に面した港湾都市で、多くの観光客が訪れる。




多数の車通行中、突然に


イタリア北部で14日、多くの車が通行中だった幹線道路の高架橋が突然、崩落した。約30台の車が巻き込まれたとみられ、必死の救出活動が続けられた。


 現場は、古くからの港町ジェノバの市街地郊外にある工業地帯。橋は鉄道や工場とみられる建物の上を東西に走り、道路は隣国フランスとの国境方面へ続く。翌日がイタリアの休日で、普段よりも多くの車が行き来していたとみられる。在ミラノ日本総領事館によると、日本人が巻き込まれたとの情報はないという。


 イタリアの地元テレビの映像によると、橋脚の一部がなくなり、橋は完全に途切れている。巻き込まれた車の中から複数の人が救助されたことも伝えている。


 AP通信によると、道路管理者は崩落は「予測不能だった」と話した。マクロン仏大統領は、イタリアのコンテ首相に電話し、支援する意向を伝えた。   (朝日新聞DIGITAL 20188150816分)

練馬在住の奥田氏からメールが入っていました。曰く、


残暑お見舞い申し上げます


日高先生


元塾生@奥田です。


残暑お見舞い申し上げます。


大変ご無沙汰しています。


先生のブログの更新が突然途絶えてしまっていましたので、心配申し上げておりました。


ブログが再開され、パソコン障害が原因とのことと連絡頂きましたので安心しました。


当方は年金受給年齢に達してしまいましたが、妻共々元気でやっています。


引き続き、猛暑が続きます、くれぐれもご自愛ください。


取り急ぎ要件のみにて失礼します。


 


早速返信メールを送りました。曰く、


久しぶりです。メールありがとう。


この老いぼれのブログを読んでくださってありがとう。


浅草のほうへお出かけの節は是非お立ち寄りください。


報道によると、練馬は23区内でも最も暑いところらしいですね。熱中症などくれぐれもお気を付けください。


奥様にもどうか宜しくお伝えください。 日高節夫


 


今回、パソコンを修復してくれたNM氏からもメールが入りました。曰く、


成島くん、関口くんのアジア旅行


おはようございます。


先ほどメールを送ったのですが届いてますか?


 


NM氏にも返信メールを送りました。曰く、


 メールありがとう。


爺の玩具のために何回も何回も足を運ばせまして申し訳ありません。


パソコン立ち上げと同時に画面の右下に


Microsoft アカウント問題


 お使いのMicrosoft アカウントを修正する必要があります。(最も多いのはパスワードが変更された場合)


 こちらを選択し、(共有エクスペリエンス)の設定で修正してください。」


と表示されますが、このまましておいてもよろしいのでしょうか。ちょっと不安です。


 


1013分再度、NM氏からメールがありました。曰く、


日高先生


確かに心配ですね。メセージが出た状態で


そのままずっと使えるかどうか、調べないとわかりません。


今はPCが使えている状態のようなので、早めにjcomに電話をすれば、


解決できるかもしれません。


 


 早速Jcomに、電話して遠隔操作で処理してもらいました。


 


ウェブニュースより


 中止求めた実行委に反発 阿波踊り「総踊り」場外で強行 ―― 15日まで開催中の徳島市の阿波踊りをめぐり、主催の実行委員会と一部の踊り手グループが対立している問題で、有名連(グループ)の踊り手約1500人が13日夜、実行委の決定に反して名物の「総踊り」を披露した。「阻止する」としていた実行委側も静観し、心配された混乱はなかった。




 総踊りは有名連の踊り手たちが終演間際に市内の演舞場の一つ、南内町演舞場に集まって披露する一斉演舞。1970年代半ばに始まったとされ、人気がある。2007年公開の映画「眉山」のクライマックスシーンにも使われた。


 昨年まで主催の市観光協会は赤字解消のめどが立たないとして破産手続きが進み、今年は市と徳島新聞社などで作る実行委が主催している。実行委は、総踊りが他の3演舞場のチケット販売を低迷させているとして、6月に中止を発表。有名連を4演舞場に均等に配置すると決めた。


 この決定に、有名連の団体「阿波おどり振興協会」は「踊り手をないがしろにする」と反発。演舞場外で独自に総踊りをする意向を示した。遠藤彰良市長は「危険だ」などとして4度文書で中止を要請。13日の記者会見では、実施した場合に「ペナルティーも検討する」と述べるなど、異例の事態となっていた。


 この日午後10時、歩行者天国となっている路上に、浴衣や法被姿の踊り手たちが集まった。振興協会の役員ら約60人が周辺の警備や誘導をする中、三味線や鉦(かね)、太鼓などの鳴り物に導かれて演舞を披露すると、沿道から歓声が起こり、熱気に包まれた。


 総踊りに憧れて振興協会所属の有名連「天保連」に入ったという太田匡訓さん(31)は初めて総踊りに参加した。「踊り手と見ている人が一体になって、まさに『踊る阿呆(あほう)』と『見る阿呆』になれた。観衆の声が力になりました」


 振興協会の山田実理事長は総踊りを終え、観衆の拍手に応えた。「皆さんの声援に応えられて感無量。来年も総踊りをしたい。実行委も私たちも阿波踊りを盛り上げたいという気持ちは一緒のはず」と話した。


 遠藤市長は総踊りの実施を受け、「再三にわたり実施しないよう求めておりましたが、それを無視して行われたことは誠に遺憾。今後の対応については、実行委で十分協議したい」とするコメントを発表した。   (朝日新聞DIGITAL 20188132258分)


 715日(土)の午後でした。何時ものパスワードを入力して、パソコンを立ち上げようとした所、「パスワードが間違っています」の表示が出て、何回も正しいパスワードを入力しても、パソコンが立ち上がらくなってしまいました。


 Jcomのインストラクターに来訪してもらって診て貰いましたが、初期化するしか手がないということで、今までパソコンに入っている資料は全部消えてしまうということでした。




 塾友のMN氏に相談したところ、連日のように来訪してくれて、パソコンを診てくれました。


 


 なんとか、windows10に初期化できたので、昨日は試しに「将棋、叡王戦」のニュースをブログにしてみました。何とか、復活したようです。


 パソコンは爺の玩具のようなもので、どうでもよいものに皆が心配してくれたようです。


篠山の姪は、去年まで使用していたノートパソコンを送ってくれて、使えるものなら使ってくれということでしたし、何人かの人からはブログの更新がないが病気でもしているのではないかと問い合わせがありました。


 


 まあ、とにもかくにも今で作成した資料は全部消えてしまったけれど、大した資料でもなく、今日から新しくパソコンを始めたと思って初めからやり直しすればいいでしょう。


 何はともあれ、皆さんにご心配を掛けたことをお詫びします。


ウェブニュースより


藤井七段が勝利 叡王戦、本戦進出まであと2勝――将棋の高校生棋士、藤井聡太七段(16)が11日、東京都渋谷区の将棋会館で第4期叡王戦(ドワンゴ主催)の予選を戦い、木下浩一七段(50)に勝った。本戦進出まであと2勝となった。


 先手番を握った藤井七段は終始攻勢に立ち、63手の短手数で押し切った。「読みの踏み込みを欠いた局面もあった。本戦に進出できるように頑張りたい」と話した。


 藤井七段は7月末、史上最年少(16歳0カ月)で通算100対局を迎えた。本局が101局目で、通算成績は8615敗。現在5連勝中で、今年度は15勝3敗と好成績を維持している。  (朝日新聞デジタル 20188112317分)


https://www.youtube.com/watch?v=f5W4IxS9KFA


ウェブニュースより
 
納谷 無傷4連勝で勝ち越し決定 「しっかり前に出られて良かった」 ――  “昭和の大横綱”大鵬(故人)の孫で元関脇貴闘力の三男・納谷(18)=大嶽=が福ノ富士(伊勢ケ浜)を押し出し、無傷4連勝で勝ち越しを決めた。



 力強い立ち合いから一気に出て圧勝。「若干、腰が高かったけどしっかり前に出られて良かった」と納得顔で振り返った。
 
序ノ口から3場所連続で勝ち越し。「一番一番、自分の相撲を取りたい。あと3番あるので。(三段目で)多少の緊張感がある。(相手も)先場所より力が強くなっていて、番付が上がっている感覚があるのでうれしい」と話した。
 
先場所は初黒星を喫したが「今まで通りやってきた相撲で」と自信に揺らぎはない。「一番でも多く勝てるように」と全勝Vへ一直線だ。    (2018714 1330分 デイリースポーツ)


 


大相撲名古屋場所7日目 御嶽海が7連勝 栃ノ心は休場 ―― 大相撲名古屋場所は名古屋市の愛知県体育館で7日目の取組が行われ、ただ1人勝ちっ放しの関脇御嶽海が琴奨菊に勝って初日から7連勝としました。一方、注目を集めていた新大関栃ノ心が13日の取組で右足の親指を痛め、14日から休場し3横綱と1大関が不在となりました。
中入り後の勝敗です。
 
十両の琴勇輝に隠岐の海は、琴勇輝が押し出しで勝ちました。
 
琴恵光に北勝富士は、北勝富士が押し出し。
 
明生に朝乃山は、朝乃山が突き落としで勝って6勝目をあげました。



 栃煌山に竜電は、栃煌山が寄り切り。
 
碧山に石浦は、石浦が引き落とし。
 
荒鷲に錦木は、荒鷲が小手投げで勝ちました。
 
千代丸に佐田の海は、佐田の海が寄り切り。
 
阿武咲に豊山は、阿武咲が押し出し。
 
1敗どうしの対戦、妙義龍に千代大龍は、千代大龍が寄り切りで勝ちました。



 遠藤に旭大星は、遠藤が押し出しで勝って6勝目。



 大栄翔に嘉風は、大栄翔が押し倒し。
 
大翔丸に千代翔馬は、千代翔馬が寄り切りで勝ちました。
 
宝富士に輝は、輝が押し出し。
 
魁聖に千代の国は、魁聖が突き落とし。
 
玉鷲に松鳳山は、玉鷲がはたき込みで勝ちました。
 
琴奨菊に御嶽海は、御嶽海が寄り切りで勝って幕内でただ1人初日から7連勝としました。



 逸ノ城に勢は、逸ノ城が寄り切り。
 
正代に栃ノ心は、正代が不戦勝。
 
栃ノ心は、13日初黒星を喫した一番で右足の親指の付け根のじん帯を痛め、14日から休場しました。これで今場所は、3横綱と1大関が不在となる異例の事態となりました。
 
阿炎に角番の大関高安は、高安が寄り倒しで勝ち5勝目をあげました。



 
角番の大関豪栄道に貴景勝は、貴景勝が突き落としで勝ちました。豪栄道は3敗です。



7連勝の御嶽海 優勝争いは「自覚ない じっくりいきます」
 
1敗を守った朝乃山は「しっかり体が動いている。これから上位に勝たないと上に行けない。ここからは気持ちです」と気を引き締めていました。
 
1敗どうしの対戦を制して6勝目を挙げた千代大龍は、報道陣から「ひょっとして優勝は?」と水を向けられると「これから上と当たる。僕は優勝できる力士ではない。ここまで1敗で来たのでまずは勝ち越したい」と控えめでした。
 
同じく6勝目を挙げた遠藤は「しっかり集中できた」と話していました。
 
14日も勝って幕内でただ1人7連勝とした関脇の御嶽海は「しっかり体が動いてくれた」としたうえで、優勝争いについては「自覚はまったくない。じっくりいきます」と冷静でした。
 
貴景勝は13日高安、14日は豪栄道と大関を2日続けて破りました。貴景勝は「気持ちとしてはよい相撲を取るだけです。毎日一生懸命やるだけ」と話しながらも興奮冷めやらぬ様子でした。
 
5勝目を挙げた角番の大関・高安は新大関の栃ノ心が14日から休場したことに対し「気を引き締めて大関としてしっかり役目を果たしたい」と話していました。    (NHK NEWS WEB 2018714 1846分)


 


ウェブニュースより
 大相撲名古屋場所6日目 栃ノ心が初黒星 ―― 大相撲名古屋場所は、名古屋市の愛知県体育館で6日目の取組が行われ、新大関の栃ノ心が小結の玉鷲に小手投げで敗れ、初黒星を喫しました。一方、横綱・鶴竜は、右ひじを痛めて13日から休場し、稀勢の里、白鵬とともに3人の横綱全員が不在となりました。
中入り後の勝敗
 
石浦に明生の初顔合わせの一番は、明生が寄り倒しで勝ちました。
 
竜電に隠岐の海は、隠岐の海が寄り切り。
 
朝乃山に栃煌山は、朝乃山が上手出し投げで1敗どうしの対戦を制しました。
 
北勝富士に佐田の海の初顔合わせの一番は、北勝富士が押し出し。
 
荒鷲に琴恵光の初顔合わせの取組は、荒鷲が寄り倒し。荒鷲に初日が出ました。
 
返り入幕の阿武咲に千代丸の初顔合わせの一番は、阿武咲が寄り切り。
 
碧山に妙義龍は、妙義龍が寄り切りで5勝目です。
 
旭大星に錦木は、旭大星がすくい投げで初白星です。
 
千代翔馬に宝富士は、宝富士が上手投げ。
 
大栄翔に豊山は、豊山が押し出し。
 
嘉風に大翔丸は、大翔丸が寄り切り。
 
遠藤に魁聖は、遠藤が押し倒しで1敗どうしの対戦を制し、5勝目を挙げました。



 輝に千代大龍は千代大龍がはたき込み。
 
松鳳山に勢は、勢が押し出し。
 
琴奨菊に逸ノ城は、琴奨菊が送り出し。
 
御嶽海に正代は、御嶽海が押し出しで6連勝です。



 角番の大関 高安に貴景勝は、貴景勝が押し出しで勝ちました。



 阿炎に角番の大関 豪栄道は、豪栄道が上手投げ。



 新大関・栃ノ心に玉鷲は、玉鷲が小手投げ。栃ノ心は、今場所初黒星を喫しました。



 この結果、幕内での勝ちっ放しは、御嶽海だけになりました。
 千代の国に横綱 鶴竜は、千代の国が不戦勝。鶴竜は、13日、名古屋市内の病院で診察を受けた結果、右ひじの関節炎で2週間の安静が必要だと診断され、13日から休場です。鶴竜の休場は、去年の九州場所以来、10回目です。
 名古屋場所では、すでに稀勢の里と白鵬が休場していて、3人の横綱が全員不在となるのは、平成11年の春場所以来、19年ぶりです。
栃ノ心 右足を痛める
 
1敗どうしの対戦を制し5勝目を挙げた朝乃山は「よい形で攻めたが、いろいろと手こずってしまった。まだまだ詰めが甘い」と、笑みを浮かべながら反省も忘れませんでした。
 
6日目に初日が出た旭大星は「まわしを取られて危なかったが、勝って気分がいい。これから連勝できるよう、変わらず思い切りやりたい」と笑顔でした。
 
碧山に勝って5勝目を挙げた妙義龍は「場所前の稽古で、碧山にはさんざん負けて、いいイメージが全くなかったので、ただ気合いをいれて臨んだ。勝ちが続くと気分もよいね」とご機嫌でした。
 
1敗どうしの一番を制し5勝目を挙げた遠藤は「勝ったからいいんじゃないですか。しっかりと集中できていると思う」と、いつもどおり淡々と話していました。
 
関脇 御嶽海は、幕内ただ1人の6連勝に「思っている以上に体が動いてくれている。いろいろな展開を考えていることが結果に結びついている」と振り返りました。単独でトップに立ったことについては「まだ中盤戦だが、初日のつもりでやっている。おもしろくなってきた。あすからも盛り上げられればよい」と話していました。
 
新大関 栃ノ心は、玉鷲に初黒星を喫しました。栃ノ心は、この取組で右足の親指付近を痛め、報道陣からの「小手投げをされて、ひざが入ったのか」という問いかけに対し、「ひざも曲がったけど、指がちょっと」と話し、その後は無言で会場をあとにしました。
 
一方、玉鷲は「特に意識はしなかった。昔からよく2人で頑張ってきたけど、向こうは力もあるし素質もある。向こうが熱くなると、こっちも熱くなりますね」と笑顔で話していました。    (NHK NEWS WEB 2018713 1940分)


 


ウェブニュースより
 
納谷 3連勝で勝ち越しに王手 高校時代のライバルを“偵察” ―― 大鵬の孫・納谷(18=大嶽部屋)が琴福寿野を下し3連勝で勝ち越しに王手をかけた。



 
相手に懐に入られ食らい付かれそうになったが、そこから突き放して右からの小手投げで仕留めた。「しっかり当たれて前に出れたと思います。押し切るつもりでしたが、入られてしまった。でもしっかり(相手を)見ていました。足が動いていたので大丈夫だったと思います」。
 
取組が終わると報道陣に「ちょっといいですか」と断り、花道に戻って埼玉栄高時代のライバル琴手計の取組を確認。「(今場所)当たるかもしれないので、調子がいいか見ておきたかった。(向こうは)調子が良さそうですね」と事前の研究も怠りがなかった。
 
次戦も勝てばデビューから3場所連続勝ち越しとなる。手応えを聞かれると「先場所よりは気分がいいです。しっかり足が出ているのが一番です」と話していた。   [Sponich Annex 2018712 13:07 ] 


復帰場所の貴公俊3連勝 勝ち越しに王手 ―― 出場停止処分が明けて今場所から復帰した幕下・貴公俊(21=貴乃花部屋)が濱豊を下し3連勝。相手の突きに応戦しながら、素早くもろ差しになり土俵の外へ持っていった。



 「まわしにこだわらないで取りました。攻めるところは攻められています。土俵の感覚も少しずつ戻っています」と手応えを口にする。2場所ぶりの本場所で初日から3連勝。取組の少ない幕下は十両に比べると一番々々の重みが違うが「余計な事は考えず、目の前の取組だけ」と勝負に集中。王手を懸けた勝ち越しについても「すべて結果論なので。変な事を考えず、目の前の取組を一生懸命やるだけです」と気を引き締めていた。   (07/12 14:09 スポニチアネックス)
 


大相撲名古屋場所5日目 横綱 鶴竜が連敗 ―― 大相撲名古屋場所は、名古屋市の愛知県体育館で5日目の取組が行われ、横綱の鶴竜が平幕の阿炎に突き出しで敗れ、2連敗を喫しました。
中入り後の勝敗です。
 
石浦に竜電は、石浦が下手投げで勝ちました。
 
琴恵光に明生の新入幕どうしの一番は、琴恵光がすくい投げ。



 栃煌山に隠岐の海は、栃煌山がはたき込み。
 
北勝富士に荒鷲は、北勝富士が押し出し。荒鷲は5連敗です。
 
佐田の海に朝乃山は、朝乃山が上手投げ。
 
碧山に返り入幕の阿武咲は、碧山が突き出しで勝ちました。
 
妙義龍に錦木は、妙義龍が下手出し投げ。
 
千代丸に旭大星は、千代丸が寄り切り。旭大星は5連敗です。
 
千代翔馬に豊山は、豊山が突き出し。
 
大栄翔に千代大龍は千代大龍が突き出し。
 
大翔丸に宝富士は、宝富士が押し出しで勝ちました。
 
遠藤に輝は、遠藤が寄り切り。



 魁聖に嘉風は、魁聖が送り出しで勝ちました。嘉風も5連敗です。
 
玉鷲に貴景勝は、玉鷲が突き落とし。
 
松鳳山に御嶽海は、御嶽海が押し出しで勝って5連勝です。



 逸ノ城に正代は、逸ノ城が押し出し。
 
角番の大関 豪栄道に千代の国は、豪栄道が寄り切り。



 琴奨菊に新大関 栃ノ心は、栃ノ心が寄り切りで勝って5連勝です。



 平幕の勢に角番の大関 高安は、高安がはたき込み。
 
横綱 鶴竜に阿炎は、阿炎が突き出しで勝ちました。鶴竜は2連敗です。鶴竜は、11日の白鵬の休場で横綱としてただ1人出場し、土俵を締める役割が求められていますが、12日も平幕に不覚をとりました。



金星の阿炎「前に出ることだけ考えていた」
 
琴恵光は明生との新入幕どうしの取組を制し「立ち合いで負けないように踏み込むことを意識して集中していった。落ち着いて相手を捉えることができた。いい動きをしているので体自体は悪くない」と落ち着いた様子で話していました。
 
4勝目をあげた朝乃山は「思いどおりの相撲ができたのでうれしい。まだ5日目なので、15日間すべてが終わった時によかったと言えるようにしたい」と冷静に話していました。
 
白星をあげて4勝1敗とした栃煌山は「状態はいいと思う。相手に上半身を起こされずに踏み込めた。次は、立ち合いの当たりで勝ってそのまま前に出て行けるようにしたい。新大関の栃ノ心が刺激になる。近い目標なので1日1日を大事にしたい」と話していました。
 
妙義龍も4勝目、「もう少し前に出ればよかった」と反省も忘れませんでした。


関脇の御嶽海は5連勝に「会心の相撲だ。しっかり相手を分析し、自分の相撲を取ることができている点がよい。まだ序盤が終わったところなので気持ちを切りかえて中盤戦に臨みたい」と話していました。
 
5連勝と白星が続く新大関 栃ノ心は「うまく押っつけられた。状態は全く問題ない。連勝も気持ちいいですよ」と穏やかな表情で話していました。
 
横綱 鶴竜は、付け人をしていた平幕の阿炎に敗れ、早くも2敗目を喫し「途中まではいい流れだったが、自分で引いて自分で負けたという感じですね」と反省を口にしました。また、報道陣から「付け人の恩返しの形になりましたが」と質問されたのに対し「そんな感じじゃないですか」と淡々としていました。
 
一方、金星の阿炎は「取組についてはよく覚えていないが、とにかく前に出ることだけを考えていた。追いかけていた大きな横綱だったのでうれしい」と笑顔で話していました。   (NHK NEWS WEB 2018712 1859分)


 


昨日の夕刻、シアトルから来日中の塾友Hitomi女史が訪ねてくれました。旦那は福岡へ仕事で出張中とのこと、息子と娘は暑いので家に置いて来たとのことでした。午後6時過ぎに友人と会うとのことで、握手をして別れました。今回は一人の所為か妙に話が弾んだように思います。
 


ウェブニュースより
 
大相撲名古屋場所4日目 鶴竜が初黒星 白鵬は休場 ―― 大相撲名古屋場所は、名古屋市の愛知県体育館で4日目の取組が行われ、横綱・鶴竜が平幕の勢に押し出しで敗れ、初黒星を喫しました。一方、横綱・白鵬は、右ひざなどのけがのため、11日から休場しました。


中入り後の勝敗
 
新入幕・明生に北勝富士は、明生が寄り切り。明生は新入幕初勝利です。



 十両の貴源治に石浦は、貴源治が寄り切り。
 
隠岐の海に新入幕・琴恵光の初顔合わせの一番は、隠岐の海が押し出し。
 
朝乃山に竜電は、竜電が寄り切り。
 
荒鷲に佐田の海は、佐田の海が寄り切りで勝ちました。
 
阿武咲に栃煌山は、栃煌山がはたき込み。
 
錦木に千代丸は、錦木が寄り切り。
 
豊山に碧山は、碧山が引き落とし。
 
旭大星に千代翔馬は、千代翔馬が引き落としで勝ちました。
 
大栄翔に妙義龍は、大栄翔が突き落とし。
 
千代大龍に遠藤は、千代大龍が送り出し。
 
嘉風に宝富士は、宝富士が上手出し投げ。
 
輝に魁聖は、魁聖が寄り切りで勝ちました。
 
貴景勝に大翔丸は、貴景勝が押し出し。
 
松鳳山に逸ノ城は、松鳳山が寄り切り。松鳳山は初日が出ました。
 
御嶽海に玉鷲は、御嶽海が押し出し。御嶽海は4連勝です。



 新大関・栃ノ心に阿炎は、栃ノ心が押し出し。栃ノ心も4連勝です。



 角番の大関・高安に正代は、高安が突き出し。



 琴奨菊に角番の大関・豪栄道は、琴奨菊がはたき込みで勝って初白星です。一方、豪栄道は2敗目です。



 勢に横綱・鶴竜は、勢が押し出し。鶴竜は、平幕の勢に初黒星を喫しました。



 横綱・白鵬は、2日目に右ひざ付近を痛め、11日、名古屋市内の病院で診察を受けました。その結果、右ひざ付近のけんの損傷と剥離骨折の疑いで、2週間の安静が必要と診断され、日本相撲協会に休場を届け出ました。
 白鵬の休場は、ことしの春場所以来となる9回目で、11日に対戦する予定だった千代の国は不戦勝です。
金星の勢「自信になった」
 
新入幕の明生は4日目での初白星に、「必死にがむしゃらだった。先に攻めようとして攻めることができてよかった。初白星にホッとしていて両親に伝えたい。今後も毎日一生懸命やりたい」と落ち着いた様子で話していました。
 
4連勝はならなかった朝乃山、「気持ちを切りかえてやります」と悔しそうに話していました。
 
遠藤も4連勝はならず、報道陣の「また次の取組に向けてですか」という趣旨の問いに対し、目をつむったままで2回うなずき、「そうですね」とだけ答えていました。
 
関脇の御嶽海は4連勝に、「流れはよいが、まだまだ」と次を見据えていました。 
 
4日目で2敗目を喫した角番の大関・豪栄道は「立ち合いで押し込まれたらダメだ。流れが悪くなる。あすからだね」と言葉少なでした。
 
4連勝の新大関・栃ノ心は「相手の動きが速いから勝ってよかった。まだ4日目なので、一日一日集中してやりたい」とリラックスした様子で話していました。
 
横綱・鶴竜は白鵬の休場が決まり、1人横綱として土俵を引き締めたいところでしたが、平幕の勢に敗れ、「立ち合いふわっと立ってしまった。自分の相撲に集中できていなかったが、それでも勝つのが横綱だ。きょうは最も取ってはいけない相撲だった。しっかり切りかえたい」と淡々と話していました。
 
一方、金星の勢は「勝っても負けてもしっかり踏み込んで、自分の相撲を取ろうとした。思い切っていけて自信になった。歓声がものすごく大きくて、座布団が飛ぶのを見るのは久しぶりだった」とうれしそうでした。   (NHK NEWS WEB 2018711 1902分)


 


ウェブニュースより
 
大相撲名古屋場所3日目 新大関栃ノ心は3連勝 ―― 大相撲名古屋場所は名古屋市の愛知県体育館で3日目の取組が行われ、新大関の栃ノ心が持ち前の力強さを発揮し3連勝です。
中入り後の勝敗です。
 
十両の大奄美に竜電は、竜電が寄り切りで勝ちました。
 
石浦に北勝富士は、石浦が押し出し。



 新入幕・明生に隠岐の海の初顔合わせの一番は、隠岐の海が上手投げ。
 
栃煌山に新入幕・琴恵光の初顔合わせの一番は、琴恵光が押し出しで勝って新入幕、初白星です。
 
朝乃山に荒鷲は、朝乃山が寄り切り。朝乃山は3連勝です。
 
碧山に佐田の海は、佐田の海が寄り切り。
 
阿武咲に錦木は、錦木が押し出し。
 
妙義龍に千代丸は、妙義龍が寄り切りで勝って3連勝です。
 
豊山に旭大星は、豊山が寄り切り。
 
宝富士に大栄翔は、宝富士が押し出し。
 
遠藤に千代翔馬は、遠藤が切り返しで勝って3連勝です。



 大翔丸に千代大龍は大翔丸がはたき込み。
 
嘉風に輝は、輝が押し出し。
 
阿炎に魁聖は、阿炎が送り出し。


貴景勝に御嶽海は、御嶽海が送り倒しで勝って3連勝です。
 
逸ノ城に玉鷲は、玉鷲が押し出し。
 
千代の国に角番の大関・高安は、千代の国が小手投げ。千代の国は28歳の誕生日に大関を破って白星です。



 同じく角番の大関・豪栄道に勢は、豪栄道が寄り切り。
 松鳳山に新大関・栃ノ心は、栃ノ心がつり出しで勝ちました。3連勝です。



 琴奨菊に横綱・白鵬は、白鵬がすくい投げで勝ちました。



 横綱・鶴竜に正代は、鶴竜が押し出しで勝ちました。両横綱はそろって3連勝です。



角番の大関・高安初黒星に無言
 
新入幕の琴恵光は3日目での初白星に「うれしい。負けた2日間も動きは悪くなかった。攻めを忘れることなくできたのがよかった。1日1日、しっかり攻めを意識してやりたい」と充実した表情でした。
 
3連勝の朝乃山は「この2日間は前に出られているのでよいが、気を引き締めていきたい。名古屋場所は暑く夏バテしないことも重要だ」と先を見据えていました。
 
同じく3連勝の遠藤は「いいんじゃないですか」と自分の相撲を評価したうえで、毎日、大きな声援が送られていることについて「観客の声援に応えたいし力が入る。ありがたい」と感謝していました。
 
御嶽海も3連勝で、「しっかり相手が見えた。まだまだ本調子ではないが、調子を上げていきたい」と話していました。
 
平幕の千代の国は28歳の誕生日に大関を破って白星を飾り、「うれしいし、力を出しきった。前よりも強くなったかなと思う。そうした自分を見てもらいたい。歓声もうれしかった」と興奮した様子でした。
 
一方、千代の国に敗れ初黒星を喫した角番の大関・高安は、支度部屋では終始、無言でした。
 
豪快なつり出しで3連勝の新大関・栃ノ心は「腰を下ろして、つり出せると思った。相手にすぱっと懐に入られてしまったので内容はよいとは言えないが、勝ててよかった。白星がいちばんだ」と話していました。
 
3連勝の横綱・白鵬は「体が動き、反応もよい」と淡々と話していました。
 
横綱・鶴竜は3連勝にも「まだ始まったばかり、毎日続けていくことです」と話していました。   (NHK NEWS WEB 2018710 2028分)


 


プロフィール
ハンドルネーム:
目高 拙痴无
年齢:
86
誕生日:
1932/02/04
自己紹介:
くたばりかけの糞爺々です。よろしく。メールも頼むね。
 sechin@nethome.ne.jp です。


小冊子の紹介
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[MN 08/16]
[爺の姪 08/13]
[爺の姪 06/25]
[爺の姪 06/18]
[爺の姪 05/20]
[爺の姪 05/16]
[爺の姪 05/16]
[爺の姪 05/06]
[爺の姪 04/30]
[爺の姪 04/09]
最新トラックバック
ブログ内検索
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 瘋癲爺 拙痴无の戯言・放言・歯軋り All Rights Reserved
/