忍者ブログ
瘋癲爺 拙痴无の戯言・放言・歯軋り
[997] [996] [995] [994] [993] [992] [991] [990] [989] [988] [987]
 荀子 成相篇 第二十五 第二章 より
e4dba247.JPG 凡成相、辨法方、至治之極復後王。慎墨季惠、百家之說欺不詳。
 きねうたにてぞ 語り申さん/政治の要は/平治の極は 後王の法に 反えること/慎・墨・季・恵〔慎倒・墨翟・季子?・恵施〕 百家の説は 多けれど/いずれ劣らぬ 不善なり
 治復一、脩之吉、君子執之心如結、眾人貳之、讒夫棄之、形是詰。
 平治の道は 唯一無にぞ/これを修めば/吉慶生ず 君子は固く 守れども/衆人たがい 悪人捨てて 省みず/刑罰のみを たよるなり
 水至平、端不傾、心術如此象聖人。人而有埶、直而用抴必參天。
 平らな水は 端正にして/傾くるなし/人の心も かくの如くば 聖人ぞ/彼勢いを得て すなおに 抴〔えい、=曵〕を 用うれば/功業天と ならびなん
 世無王、窮賢良、暴人芻豢、仁人糟糠;禮樂息滅、聖人隱伏、墨術行。
 王者の居らぬ 世の中なれば/賢士苦しむ/賊人驕(おご)り 仁人困り 糠を食う/礼楽亡び 聖人までも 逃げ隠れ/墨術のみが 盛んなり
 治之經、禮與刑、君子以脩百姓寧。明德慎罰、國家既治四海平
 政治の要は 何ぞといえば/礼と刑なり/君子は以て 修め整え 民安し/徳をおさめて 罰をはばかり 行えば/国は治まり 波静か
 治之志、後埶富、君子誠之好以待。處之敦固、有深藏之、能遠思。
 政の中心 何ぞといえば/富貴をあとにす/君子実(まこと)に 道をば好み 事を待つ/事にのぞめば 誠実むねと 心がけ/遠き治道を 思うなり
 思乃精、志之榮、好而壹之神以成。精神相反、一而不貳、為聖人。
 思慮せば汝 精妙となり/心もはえる/ひたすら好み 進めば神の 如くなる/精と神とが 唯一無二に なるなれば/これぞまことの 聖人ぞ
 治之道、美不老、君子由之佼以好。下以教誨子弟、上以事祖考。
 平和の道は 何ぞといえば/美にして老いず/君子の善美 すべて実に これによる/ひたすら保持し 下は子弟を 教育し/上は祖考に 事(つか)うなり
 成相竭、辭不蹙、君子道之順以達。宗其賢良、辨其殃孽。
 きねうたにては これにて尽くも/言葉は尽きじ/くんし以上に 頼れば万事 利軽んじ/賢を貴び 賊人弁(わか)つ 《以下欠》
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
偉いです。
原文はぜんぶネットで調べられたようですね。いちいち、日本語訳とぴったり合わせながら配置しており、さすがだと思います。じっくり読ませていただきたいと思います。
シン 2011/11/28(月) 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
ハンドルネーム:
目高 拙痴无
年齢:
85
誕生日:
1932/02/04
自己紹介:
くたばりかけの糞爺々です。よろしく。メールも頼むね。
 sechin@nethome.ne.jp です。


小冊子の紹介
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 3 5
8 11 12 14
16 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[中公房 09/18]
[中公房 08/20]
[中公房 07/31]
[爺の姪 07/30]
[爺の姪 07/16]
[爺の姪 06/30]
[爺の姪 06/29]
[爺の姪 03/15]
[中公望 02/17]
[爺の姪 02/14]
最新トラックバック
ブログ内検索
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 瘋癲爺 拙痴无の戯言・放言・歯軋り All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]