忍者ブログ
瘋癲爺 拙痴无の戯言・放言・歯軋り
[291] [290] [289] [288] [287] [286] [285] [284] [283] [282] [281]
 本日は桜橋を渡ると隅田川に沿って遊歩道を南下。何時もなら枕橋を渡るとすぐ右折する所であるが、そのまま真っ直ぐに墨田区役所の玄関前を通り、吾妻橋の東袂に出た。途中上を見上げると吾妻橋上から見えるスーパードライホールを丁度裏側から見る形になる。このスーパードライホールは墨田区吾妻橋にあるリバーピア吾妻橋敷地内のアサヒビールの吾妻橋本部ビル(アサヒビールタワー)に隣接するホールである。1989年竣工。
f15d8ba3.jpg フランスのPhilippe Starck(フィリップ・スタルク、1946年生れ)というデザイナーによる設計だそうだ。隅田川の吾妻橋のたもとにあった旧吾妻橋工場跡地の再開発で建造された。屋上には特徴的な巨大モニュメントが設置されている。本来は燃え盛る炎を形象した「フラムドール(フランス語 flamme d'or、金の炎)」と呼ばれるもので、アサヒビールの燃える心を象徴する「炎のオブジェ」とされる。 しかしその形状と色彩から、見る者の中には排泄物を連想する者もおり、しばしば「ウンコビル」の別名で呼ばれることがある。
d9e2b220.jpg
5a490df9.jpg 吾妻橋東からテラスに降りてテラスを南進。厩橋に差し掛かるところで何時ものようにT氏と出会う。隅田川に向って準備体操をされているところであった。このあと、きっと素振りの練習が始るのだろう。2・3分話をして別れ、更に何進。両国橋でテラスから上がり、両国橋を渡って、柳橋に出た。
c082d594.jpg 両国橋の歩道と車道を分ける手摺欄干は、近くの国技館や両国の花火をモチーフにしたレリーフで飾られている。柳橋もよく見ると、欄干にそって行儀よく出っ張りが並び、紅玉・青球(たぶんルビー・サファイアを意識したものか?)を埋め込んだレリーフの簪が置かれている。

529dffb1.jpg 何時ものように、榊神社の前を通り、蔵前橋通りに出た。榊神社の横入り口で、狛犬さんが今月末に行われる祭礼を待っていた。江戸通りを吾妻橋まで来ると隅田公園にはいり、公園を抜けて帰宅した。本日の記録は11699歩、7.6㎞であった。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
ハンドルネーム:
目高 拙痴无
年齢:
85
誕生日:
1932/02/04
自己紹介:
くたばりかけの糞爺々です。よろしく。メールも頼むね。
 sechin@nethome.ne.jp です。


小冊子の紹介
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
2 4
6 9 11
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[中公房 09/18]
[中公房 08/20]
[中公房 07/31]
[爺の姪 07/30]
[爺の姪 07/16]
[爺の姪 06/30]
[爺の姪 06/29]
[爺の姪 03/15]
[中公望 02/17]
[爺の姪 02/14]
最新トラックバック
ブログ内検索
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 瘋癲爺 拙痴无の戯言・放言・歯軋り All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]