忍者ブログ
瘋癲爺 拙痴无の戯言・放言・歯軋り
[1658] [1657] [1656] [1655] [1654] [1653] [1652] [1651] [1650] [1649] [1648]

 今朝の徘徊は、桜橋を渡り、何時もどおり向島のテラスを南下し、藤棚の所まで来たとき急に気が変わり、遊歩道に上ると、墨堤通りを渡ると、牛島神社から水戸下屋敷の庭園を横切って、源森橋に出ました。ここを渡ると東進して小梅橋を渡り、東武橋に出ました。横十間川に新設されたテラス状の道を京成橋まで行きます。橋を渡ると北上して、桜橋通りを西進して帰宅しました。

 2・3日前、kanami女史から電話で、藤棚の場所の問い合わせがあった時、桜橋通りに黄色の藤があることを話したことを思い出しその黄色の藤を見るべく、コースを変えた訳です。

 久しぶりに通るコースなので東武橋の真下からスカイツリーを撮ってみました。桜橋通りにある本所高校前にある森鴎外住居跡の説明板が新設されていました。水戸街道を過ぎて、見番通り手前にある「酒肴・三太郎」とあるお店の前に黄色の藤が植えてあります。以前は見事な花をつけていたのですが、今年は殆ど花を付けていない状態でした。

 

 携帯で、kanami女史に報告しておきました。曰く、「黄色の藤 今日はスカイツリー周辺を徘徊してきました。先日話しました黄色の富士の前を通りましたが、今年はほとんど花を付けていませんでした。/場所は桜橋から見番通りを過ぎたところです。「酒肴・三太郎」とあるお店のまえです。以上お知らせまで 日高」

 

 朝の徘徊から帰宅してパソコンを立てると、昨日来訪して下さったTS氏からメールが入っていました。

4月2722:27着信 RE  日高様、こちらこそ、半世紀ぶりにお目にかかり、ご夫婦のお心遣いで大変に楽しい一時を過ごさせて頂き有難うございました。/お礼のメールをと思いPCを立ち上げたところ、早々に写真をお送り頂き恐縮です。/それにしましても50年ぶりにお会いできたとは感激そのものです。/美しくなった隅田川と浅草の街をご案内頂き又、昼食をご馳走になり感謝致します。/又、お目にかかれる事を楽しみにしております。有難うございました。S /追)ブログを読ませて頂きました。

 

 金曜日に送った「八十路の水門」4 が届いたらしく、お礼のメールが入りました。曰く、

 4月2717:31 着信 日高さま 楽しく目をとおしました。大きなOPにも耐えられているnewsは、他人事ではないです。/明日は我が身かと。かりかりしないで、静かに過ごしましょうかね。/この5月の硯友会は野暮用で不参加です。恒例の兄上殿との再会が出来ないのが残念です。/カメラの被写体がめっかったので、おくります。最高齢者を掌に載せてくれるお嬢様達に囲まれております。14日の初打ち日のものです。

諸兄に宜しく。 MN

 

4月2723:03着信 日高様 本日夕刻、八十路の「水門」4を拝受しました。ありがとうございました。/毎度のことですが編集ご苦労様です。感謝しています。/小生は今回寄稿できませんでしたが諸兄らの文を楽しく読ませてもらいました。/何はともあれこれで今年の花見会にかかわる諸事に区切りがついたということで万々歳です。本当に有難うございました。/このところ快晴で初夏のような気持ちの良い天気が続いていますが朝晩はまだ少しひんやりします。小生、朝方はいつも鼻水が出てぐずぐずしています。/そちらもお体には気を付けてください。/先ずは冊子のお礼まで。 MY

 4月287:18 着信 八十路の水門4拝受 日高節夫様 今朝6時にゴミ出しに行った帰りに、一階の集合ポストに掲題誌を発見。/立派に仕上がった「八十路の水門」第4号をいただきました。/なにかとお手数をおかけした4号は日曜日に届くだろうと連絡をいただいていたので、昨日、夜、7時台に確認した時にはポストは空でした。その後に配達された模様。/なにはともあれ、早々と刊行のご尽力ありがとうございました。過分のお褒めの決算報告までお添えくださって恐縮しました。あれは、君がひとりで成し遂げたことで、わたしはほんのちょっとお手伝いをしたにすぎません。/当家は、家内が原因不明の腰痛になやまされていて、毎日、湿布のお手伝いをさせられています。/博多の98歳の義母(家内の母)は、依然生かされている植物人間です。/関東にいる長男、長女はおっとり刀の心境で毎日を過ごしています。/ゴールデンウイークだけには、葬式が重ならないようにというのが正直な願いです。/きのうは、遠来の兼愛塾の先生がいらしたのですね。楽しい語らいができましたか? IN

 4月28日 1016 着信 会報有難うございました 日高さん 「八十路の水門」頂きました。/手早い「仕事振り」に驚嘆します。/大変お手数でした。/編集のINさんのご尽力にも大感謝です。/今からゆっくり読ませて頂きます。/取り敢えずお礼まで。 BY

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
ハンドルネーム:
目高 拙痴无
年齢:
85
誕生日:
1932/02/04
自己紹介:
くたばりかけの糞爺々です。よろしく。メールも頼むね。
 sechin@nethome.ne.jp です。


小冊子の紹介
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 3 5
8 11 12 14
16 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[中公房 09/18]
[中公房 08/20]
[中公房 07/31]
[爺の姪 07/30]
[爺の姪 07/16]
[爺の姪 06/30]
[爺の姪 06/29]
[爺の姪 03/15]
[中公望 02/17]
[爺の姪 02/14]
最新トラックバック
ブログ内検索
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 瘋癲爺 拙痴无の戯言・放言・歯軋り All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]