瘋癲爺 拙痴无の戯言・放言・歯軋り
[1575] [1574] [1573] [1572] [1571] [1570] [1569] [1568] [1567] [1566] [1565]

 ここのところ、塾友会の忘年会のアルバム作り、年賀状作成などですっかりブログがそちのけになった。出来上がったアルバムを送ろうと今まで使用していた「宛名職人」のアイコンがいつの間にか消えてしまっている。

 インターネットで調べてみると「サポート終了製品の一部につきましては、ダウンロードセンターのWebサービスを、20101031日をもって終了させていただきました。長年にわたりご愛顧いただき、誠にありがとうございました。」とある。

 仕方ないので、インターネット経由で、一番安い「宛名職人2014 Premium ダウンロード優待版[for Windows 2,980(税込)」を購入することにした。購入はできて、登録されたとの通知も来たのだが、いよいよパソコンにインストールする段になってうまくいかない。

 わがパソコンの先生、MN氏の携帯に2度ほどかけてみたが、何れも通じない。おそらく年末で忙しいのだろうと、こちらの方は諦めて、アルバム送付用と年賀状送付用はワードに打ち込むことにした。

 何のことはない、3000円はパーで、時間ばかり食ってブログまで手が廻らなかった。

 

 今朝のウェブニュースより

 

猪瀬氏 また説明翻す 資金問題 ―― 東京都の猪瀬直樹知事が医療法人「徳洲会」グループから五千万円を受け取った問題で、猪瀬氏がいったん銀行の貸金庫に保管した五千万円を約半年後、別の銀行の貸金庫に移していたことが十六日、都議会総務委員会での答弁で明らかになった。これまでは、五千万円には「全く手つかずで触ってもいない」などと説明し、貸金庫が二つあることも伏せていた。/猪瀬氏は貸金庫を移した理由を「知事になって自宅から通うことが多くなり、自宅近くの方が持ち出しやすい」などと釈明したが、度重なる説明の変遷に、いっそう不信が高まった。/貸金庫は、猪瀬氏の個人事務所に近い八十二銀行青山支店(東京都港区)と、自宅に近い横浜銀行つくし野支店(町田市)にあり、いずれも猪瀬氏の妻名義だった。/猪瀬氏の説明や、都議会に提出した貸金庫の利用記録によると、八十二銀行の貸金庫は徳田毅衆院議員から五千万円を貸すとの連絡があった昨年十一月十九日に契約。受領翌日の二十一日、妻が五千万円を保管し、今年五月十日、妻が横浜銀行の貸金庫に移動した。この間、昨年十二月十八日と今年二月一日の二回、貸金庫を開けた記録がある。/妻が亡くなった後の九月二十五日、猪瀬氏の個人事務所のスタッフが引き出し、特別秘書が徳田虎雄前理事長の妻に返却した。返却日もこれまで「九月二十六日」としていたが「九月二十五日」に訂正した。この直前の九月十七日、東京地検が公選法違反容疑で徳洲会グループへの強制捜査に乗り出した。/質問に立った川井重勇都議(自民党)は、貸金庫を開けた記録について「何のために開けたのか。五千万円を使ったのではないか」と追及。猪瀬氏は「妻が現金を確認しに行ったのだと思う」と説明するなど、答弁で「妻が」を繰り返した。/総務委の質疑は十七、二十四の両日も行われる。  〔東京新聞 20131217 朝刊〕
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
ハンドルネーム:
目高 拙痴无
年齢:
86
誕生日:
1932/02/04
自己紹介:
くたばりかけの糞爺々です。よろしく。メールも頼むね。
 sechin@nethome.ne.jp です。


小冊子の紹介
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
8
14 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[m(__)m 10/09]
[中公望 10/08]
[爺の姪 10/06]
[爺の姪 09/16]
[爺の姪 09/05]
[MN 08/16]
[爺の姪 08/13]
[爺の姪 06/25]
[爺の姪 06/18]
[爺の姪 05/20]
最新トラックバック
ブログ内検索
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 瘋癲爺 拙痴无の戯言・放言・歯軋り All Rights Reserved
/