瘋癲爺 拙痴无の戯言・放言・歯軋り
[2407] [2406] [2405] [2404] [2403] [2402] [2401] [2400] [2399] [2398] [2397]

ウェブニュースより
 
納谷、白星発進 3秒足らずで圧勝「しっかり動けた」 同学年・清宮の活躍に刺激 ―― 優勝32回を誇る大横綱・大鵬の孫で、元関脇・貴闘力を父に持つ東序二段11枚目の納谷(18=大嶽部屋)が白星発進した。西序二段11枚目の森(25=玉ノ井部屋)との初顔合わせで、立ち合いのもろ手突きで土俵際まで吹っ飛ばし、すかさず前に出て3秒足らずで押し出した。序ノ口デビューで優勝を飾った春場所からの連勝は8に伸びた。



 「(先場所と)変わらず、しっかり動けた。この調子でいけたらいい。(緊張は)少しだけしたけど、(何かが)変わるほどではなかった」と自分の相撲を取りきって快勝した。
 
前日13日の母の日は、大鵬の三女である母・美絵子さんに「カーネーションなど、いろいろ混ぜた」という5000円の花束を贈った。春場所は序ノ口優勝を果たして優勝賞金を手にするなど「初めて自分で稼いで贈れた」ことで、改めてプロになったことを実感した。
 
プロ野球・日本ハムの清宮幸太郎内野手(18)とは同学年。小学校4年の時には相撲の都大会で対戦経験もある。当時のことは「ちょっと覚えているくらい」というものの、清宮が同じプロの世界で活躍していることは刺激になっている。「同級生がテレビに出ているとうれしい。自分も、となる」という。清宮は1966年のドラフト制導入以降の新人のデビューからの連続試合安打の新記録(7試合連続)をつくった。納谷は「何かしら自分も(記録を)取れるように頑張りたい」と誓った。
 
場所前は阿武松部屋への出稽古で、幕下や三段目の力士と稽古を積んだ。鍛錬を重ねたことで、166キロあった体重は「測っていないが少しやせたかも。すごく軽く感じる」という。「しっかり自分の相撲を取って、全部勝つように頑張る」と2場所連続優勝を見据えていた。   (514日(月)1218分 スポーツニッポン) 


大相撲夏場所2日目 栃ノ心ほか上位陣は安泰 ―― 大相撲夏場所は東京 両国の国技館で2日目の取組が行われ、大関昇進を目指す関脇 栃ノ心は、新鋭の阿炎を寄り切りで破り、2連勝スタートです。
中入り後の勝敗
 
錦木に妙義龍は、錦木が寄り切りで勝ちました。
 
旭大星に安美錦は、旭大星がすそ払い。新入幕の旭大星は2日目の初白星です。

 
栃煌山に佐田の海は、佐田の海が寄り倒し。
 
碧山に豪風は、豪風が突き落とし。
 
石浦に荒鷲は、荒鷲が寄り切りで勝ちました。
 
千代の国に朝乃山は、朝乃山が寄り切り。
 
貴景勝に隠岐の海は、隠岐の海が寄り切り。
 
北勝富士に大奄美は、大奄美が押し倒しで勝ちました。
 
大翔丸に嘉風は、大翔丸が送り出し。
 
千代丸に輝は、輝が押し出し。
 
竜電に千代翔馬は、千代翔馬が下手投げ。
 
勢に宝富士は、勢がすくい投げで勝ちました。
 
琴奨菊に千代大龍は、琴奨菊がすくい投げ。
 
正代に大栄翔は正代が突き落とし。
 
遠藤に豊山は、遠藤が引き落としで勝って新小結の場所2日目で初白星。

 
阿炎に栃ノ心は、栃ノ心が相手をよく見て最後は左のまわしを引いて寄り切りで勝って2連勝です。

 
逸ノ城に魁聖は、逸ノ城が寄り切り。

 
大関 豪栄道に松鳳山は、豪栄道が押し出し。
 
玉鷲に横綱 鶴竜は、鶴竜が突き落としで勝って2連勝。

 
横綱 白鵬に御嶽海は、白鵬が上手投げで勝って2連勝です。

 
夏場所は初日に続いて14日も関脇以上がそろって勝って、いずれも2連勝スタートと上位陣は安泰でした。
栃ノ心「気合いが大事、きょうの一番はよかった」
 
ベテランの安美錦をすそ払いでやぶり新入幕で初白星をつかんだ旭大星は「懸賞金は父に渡したい。狙っていたわけじゃないけど足が勝手に出た。連勝したいですね」と笑顔で話していました。
 
体重204キロの魁聖を寄り切った関脇・逸ノ城は「まわしはとれなかったが前に出た。相手は重いですけどそこまででした」と余裕の表情で話していました。


新三役で初白星の小結・遠藤は「相手をよく見ました。勝てたのでうれしいです」と冷静に話していました。
 
大関昇進を狙う場所で2連勝スタートの関脇・栃ノ心は「何とかまわしをつかもうと思っていたが、思いどおりになった。気合いが大事、きょうの一番はよかった。これからですよ」と充実した表情を浮かべていました。
 
初日から2連勝の横綱・鶴竜は「相手のペースにならないよう相撲をとることを意識した。体がうまく反応しましたね」と冷静に振り返っていました。
 
同じく2連勝の横綱・白鵬は「きのうもきょうも体は動いている。今場所は一日一番という感じです」と話していました。
 
白鵬を土俵際まで追い詰めながら敗れた小結・御嶽海は「負けたら意味がない。自分がばたついて引いてしまった」と反省していました。    (NHK NEWS WEB 514 1855分)


 


 
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
ハンドルネーム:
目高 拙痴无
年齢:
86
誕生日:
1932/02/04
自己紹介:
くたばりかけの糞爺々です。よろしく。メールも頼むね。
 sechin@nethome.ne.jp です。


小冊子の紹介
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[MN 08/16]
[爺の姪 08/13]
[爺の姪 06/25]
[爺の姪 06/18]
[爺の姪 05/20]
[爺の姪 05/16]
[爺の姪 05/16]
[爺の姪 05/06]
[爺の姪 04/30]
[爺の姪 04/09]
最新トラックバック
ブログ内検索
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 瘋癲爺 拙痴无の戯言・放言・歯軋り All Rights Reserved
/