忍者ブログ
瘋癲爺 拙痴无の戯言・放言・歯軋り
[978] [977] [976] [975] [974] [973] [972] [971] [970] [969] [968]
荀子 勧学篇 第一 より(青藍氷水)
 君子曰:學不可以已。青、取之於藍、而青於藍;冰、水為之、而寒於水。木直中繩、輮以為輪、其曲中規、雖有槁暴、不復挺者、輮使之然也。故木受繩則直、金就礪則利、君子博學而日參省乎己、則知明而行無過矣。
 故不登高山、不知天之高也;不臨深谿、不知地之厚也;不聞先王之遺言、不知學問之大也。干、越、夷、貉之子、生而同聲、長而異俗、教使之然也。
  《詩》曰:“嗟爾君子、無恆安息。靖共爾位、好是正直。神之聽之、介爾景福。”神莫大於化道、福莫長於無禍。

〔訳〕
 君子は、「学問は途中でやめてはならない。青色は藍の草から取るが藍よりも青く、氷は水からできるが水よりも冷たい」と言っている。墨縄にぴたりの真っ直ぐな木も、撓め曲げて輪にすれば、コンパスにぴたりするほど丸くなり、乾き枯れても二度と真っ直ぐにはならない。それは撓め曲げたためにそうなったのである。このように木は墨縄をあてれば真っ直ぐになり、刃物は砥石にかければ鋭くなり、君子は広く学んで日に何度も自分の言行を反省すれば、知恵は明らかになり行動に過ちがなくなる。
 だから高い山に登らなければ天の高いことは分らないし、深い谷間にいってみなければ地の厚いことは分らないし、昔の聖王の残した言葉を聞かなければ、学問の偉大さも分らない。南方の呉越や北方の夷狄の子どもも生まれたときはみな同じ声を出してなくのに、成長するにつれて風俗が違ってくるのは、その後の教育がそうさせるのである。
 『詩経』(小雅・小明篇)に、「ああ、なんじ君子たちよ、いたずらに安息をむさぼるなかれ。なんじの現在の立場をつつしみ、正直の道を修め、心を神にして聴き学んで、なんじの大きな福を更に大きくせよ」とある。神とは道に同化するその極地であり、福とは禍のないのが最上である。
 
b0c0435f.JPG 藍は奈良時代に中国から渡来。根や葉っぱを発酵させて青(藍)色の染料(インディゴ)を取る。ここから、濃い青色のことを「インディゴブルー(indigo blue)」と呼でいる。古くから、布を藍色に染める材料として栽培されている。「浅黄色(浅葱色)(あさぎいろ)」という水色っぽい色も、この藍を染めた色の呼び名である。
 

荀子 勧学篇 第一 より (麻中之蓬)
 南方有鳥焉、名曰蒙鳩、以羽為巢、而編之以髮、繫之葦苕、風至苕折、卵破子死。巢非不完也、所繫者然也。西方有木焉、名曰射干、莖長四寸、生於高山之上、而臨百仞之淵、木莖非能長也、所立者然也。蓬生麻中、不扶而直;白沙在涅、與之俱黑。蘭槐之根是為芷、其漸之滫、君子不近、庶人不服。其質非不美也、所漸者然也。
 故君子居必擇鄉、遊必就士、所以防邪辟而近中正也。

3d24b091.JPG
c6fc7cce.JPG〔訳〕
 南の国に蒙鳩と呼ばれる鳥がいる。この鳥は羽を拾い集め毛髪で編んで巣を作り、それを葦の先にくくりつける。が、強い風が吹いて穂先が折れると、卵はこわれて雛は死んでしまう。これは巣が不完全なのではない。巣をくくり付けた所が悪いからである。西の国に射干(やかん)と呼ばれる木がある。茎の長さはわずか四寸ほどだが、高い山の上に生えていて何百尺もの深い淵を見下ろしている。これは木の茎がそんなに長いのではない、生えている所がこうざんだからである。
 蓬は麻の中に生えると、支えをしなくても真っ直ぐになり、白い砂は泥土の中に入れると、もろともに黒くなってしまう。蘭や槐の根は香料となるものであるが、尿に浸せば臭くなるので、君子はそばに近づけないし、庶民も身につけようとしない。これは、その本来の質が美(うるわ)しくないのではない、浸した尿のせいである。
 だから君子は必ず環境のよい土地を選んで住み、必ず立派な人物と交際する。それによって邪悪に流れるのを防ぎ、中正の道に近づこうとするのである。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
丁寧
 イメージ写真も入っているため、わかりやすいです。 荀子がいうには、君子は、「小人」と違う風格を見せなければならず、厳しい修行を重ねる必要があるぞ、という感じですね。
シン 2011/11/10(木) 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
ハンドルネーム:
目高 拙痴无
年齢:
85
誕生日:
1932/02/04
自己紹介:
くたばりかけの糞爺々です。よろしく。メールも頼むね。
 sechin@nethome.ne.jp です。


小冊子の紹介
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 3 5
8 11 12 14
16 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[中公房 09/18]
[中公房 08/20]
[中公房 07/31]
[爺の姪 07/30]
[爺の姪 07/16]
[爺の姪 06/30]
[爺の姪 06/29]
[爺の姪 03/15]
[中公望 02/17]
[爺の姪 02/14]
最新トラックバック
ブログ内検索
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 瘋癲爺 拙痴无の戯言・放言・歯軋り All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]