瘋癲爺 拙痴无の戯言・放言・歯軋り
[923] [922] [921] [920] [919] [918] [917] [916] [915] [914] [913]
12a200d6.JPG  今日は旧暦の8月11日、24節気の立春から数えて15番目の「白露」である。大気が冷えてきて、露ができ始めるころ。『暦便覧』では、「陰気やうやく重りて、露にごりて白色となれば也」と説明している。

93ee6b4d.jpg 4時20分、隅田川を北上、白鬚橋を渡り、向島遊歩道を南下。徘徊の大半は暗闇の中。桜橋を過ぎる頃から明るくなる。吾妻橋あたりで、ご来光。
 



Herbstgefühl(秋思)
   詩:Johann Wolfgang von Goethe
   訳:大山 定一
 
 窓近く
 棚に生いし
 緑濃き葡萄葉
 
 垂り房の
 むらさきの実の
 つぶらなる
 日ごとに熟れて
 
 初秋の
 陽に輝き ――
 さやさやと
 涼かぜにゆらぎ ――
 宵月の
 ほのかなるひかりに濡れ ――
 
 されど あわれ
 あさごとの
 冷たき白露は
 かなしきわが恋がやどす
 ひそかなる涙にかあらん
 
3e0a3ca4.JPG この詩は1775年8月、ゲーテ26歳の作で、ゲーテの詩人的完成を示す最も格調の高い作品の一つという。この年ゲーテはフランクフルト屈指の銀行家の娘であるリリー・シェーネマン(1758~1817年)と新たな恋に落ちた。1775年4月にはリリーの友人である女性実業家デルフの仲介によって婚約に至るが、しかし宗派や考え方の違いから両家の親族間のそりが合わず、この婚約も難航した。婚約直後にゲーテはしがらみから逃れるようにして単身でスイス旅行に行き、リリーへの思いを詩に託したが、結局この年の秋に婚約は解消することになった。
 
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
ハンドルネーム:
目高 拙痴无
年齢:
86
誕生日:
1932/02/04
自己紹介:
くたばりかけの糞爺々です。よろしく。メールも頼むね。
 sechin@nethome.ne.jp です。


小冊子の紹介
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
3
6 9
11 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[m(__)m 10/09]
[中公望 10/08]
[爺の姪 10/06]
[爺の姪 09/16]
[爺の姪 09/05]
[MN 08/16]
[爺の姪 08/13]
[爺の姪 06/25]
[爺の姪 06/18]
[爺の姪 05/20]
最新トラックバック
ブログ内検索
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 瘋癲爺 拙痴无の戯言・放言・歯軋り All Rights Reserved
/