忍者ブログ
瘋癲爺 拙痴无の戯言・放言・歯軋り
[722] [721] [720] [719] [718] [717] [716] [715] [714] [713] [712]
 何時ものように、隅田川の周辺を巡る。
c395444e.jpg 淮南国(わいなんこく)の国王 劉安(りゅうあん、BC179~122)は仰る。『天下に水より柔弱なものはない。しかも水は、測り知れず大きく深く、はるばる無窮無涯(むきゅうむがい)のかなたにつらなり、かつは増しかつは減じて、ほとんど比量すべくもない。天では雨露(うろ)となり、地では潤沢をなし、水なくしては何者も生ぜず、何事もならぬ。生きとし生けるものを包んで依怙(えこ)をせぬ大いさ。虫けらにまで及ぼして報いを求めぬ恩沢。天下を充(み)ち足らせて竭(つ)くことを知らぬ富。万民に施してついえとせぬ徳。回り巡って窮(きわま)りのないこと。かけそくも捉(と)えどころのないこと。撃っても傷つかず、刺しても破れず、斬っても断たれず、焼いても燃えぬ。ぐなぐな流動し、交わり縺れ、さて散り失せることがない。金石をも貫くほど鋭く、天下を済(すく)うほどたのもしく、無形の境域にたゆたい、恍惚の上空を翔(のぼ)り、川谷の間を巡り、茫漠(ぼうばく)の荒野に漲る。過不足があれば、天地と調整を図り、万物に洩れなく自らを注ぐ。さてこそ、公もなく私もなく、溢れたら揺れかえり天地と一体だ。左となく右となく、深く湛え繁く錯(まじ)わり、万物と道連れだ。さてこれを至徳という。いったい、水が天下に至徳を全うしうるのは、ぐなぐなとしてしかも滑らかな為である。さてこそ老耼(ろうたん、老子)はいう。「天下の至柔(しじゅう)は、天下の至堅(しけん)を自在に貫き、無有より出ずればこそ無間(むかん)にも入る。予はここにおいて無為の益を悟ったのである。不言の教(おしえ)、無為の益は天下にこれに及ぶものは殆どないのである。」(老子第四十三章)と。そもそも、無形は万物の遠祖、無音は諸声の宗家である。その子は光、孫は水。ともに無形より生じた甲斐あって、光は見えるばかりで手にとれず、水は触れられるが毀(こ)わつことはできぬ。さて像(てごたえ)あるもののうち、水より尊いものはない。』(淮南子、原道訓第一より)と。

 国会が閉会となり、政局混迷の度合いを増してきたようだ。今朝のウェブニュースより
b3d91e6c.JPG 小沢氏の新党発言波紋 13日ヤマ…民主分裂も ――  民主党のメルトダウン(溶融)が始まった。菅直人首相(党代表)ら党執行部と小沢一郎元代表ら非主流派による党内抗争は、小沢氏が新党結成の可能性に言及する事態に発展。一方、党執行部は13日の役員会で小沢氏の国会招致への流れを作りたい意向で、招致に応じなければ小沢氏の処分も辞さない構えだ。党分裂の可能性を抱えつつ、政局は大きなヤマ場を迎える。
 小沢氏の国会招致を目指す岡田克也幹事長ら党執行部への批判は、9日も収まる気配はなかった。/松木謙公農水政務官「そんなバカなこと…。とても考えられない」/川内博史衆院議員「小沢さんのことを言う前に、まず自分がどうするのか」/国会内の会議室には小沢氏に近い民主党1年生議員で作る「北辰会」のメンバー約20人が集まり、岡田氏への批判が続出した。
多数決で国会招致:岡田氏は防戦に追われた。9日の記者会見では「小沢氏は政治倫理審査会に出てきて説明するのが望ましい」と改めて主張したが、小沢氏の国会招致に向けて検討していた緊急役員会の開催については「そういう予定はない」と断念する意向を示した。/それでも首相に近い議員からは「主戦論」がやまない。岡田氏らは13日の役員会で「政倫審の議決によって小沢氏の国会招致を求める」ことをあえて多数決で決めることも視野に入れ、一歩も引かぬ構えだ。/政倫審の開催には委員の3分の1以上による申し立てと過半数による議決が必要だが、主戦論者からは反小沢派の議員で委員を固める案が検討されている。/鉢呂吉雄国対委員長は9日夕、公明党の漆原良夫国対委員長に政倫審実現に向けた協力を要請。漆原氏も応じる意向を示した。/もっとも小沢氏が国会招致に応じる保証はなく、反小沢氏の立場に立つベテラン議員は「(党が)分裂するならすればいい。そうしたら解散だ」と言い放った。
首相、舛添氏と会談:民主党の内紛がここまで過熱する背景には、来年の通常国会や来春の統一地方選をにらみ「菅政権のままでは持たない」(小沢氏に近い若手議員)との観測が強まる一方「ポスト菅も党内に見あたらない」(ベテラン議員)という事情がある。内閣支持率も下がり続けているが、誰もが明確な出口戦略を描けていない。/こうした状況で、小沢氏が新党結成の可能性に言及した。問題は民主党内で小沢氏と行動を共にする議員が何人いるかという点だ。/小沢氏は9月の代表選で民主党議員200人の支持を得た。当然、そのすべてが小沢氏の新党に参加するわけではない。しかし、衆院議員「306人、横路孝弘議長を含む)のうち六十数人が民主党を離脱すれば、衆院の過半数を割り込むことも事実だ。/政党の枠を超えた動きも活発化している。/首相は9日、都内のホテルで新党改革の舛添要一代表と会談した。両氏は「今、日本は危機的な状況にある」との認識で一致したという。舛添氏は8日には小沢氏と鳩山由紀夫前首相、鳩山邦夫元総務相とも会談した。首相と11月18日に会談した与謝野馨・たちあがれ日本共同代表は近く、小沢氏と囲碁をする。
渡辺読売会長動く:政界関係者をざわめかせているのが渡辺恒雄・読売新聞グループ本社会長の動きだ。3年前の自民、民主両党の大連立騒動の際、仲介人として水面下で動いた渡辺氏は、7日に由紀夫氏、8日には谷垣禎一・自民党総裁と相次いで会談。谷垣氏には「税と社会保障、憲法で大連立が必要だ」と説いたが、さすがに拒否したという。/「政治家ですから、局面局面でいろんな動きが出てくるということではないでしょうか」/仙谷由人官房長官は9日の記者会見で、思わせぶりな発言をした。/生き残りを懸けた戦いは、もう始まっている。  (産経ニュース、2010.12.10 08:42)

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
今日はいいお天気
目高さん、こんにちは。今日はいいお天気ですね。腰痛は治りましたか。またブログを拝読させていただきました。『淮南子』もなかなか良い本ですね。明治書院出版の新釈漢文大系シリーズの中の一冊を持っておりますが、でもなかなか読む時間がありません。目高さんのブログのおかげで勉強になりましたよ。あと、老子の「以柔克剛」は実は太極拳の理念ですね。混迷期の日本政治の行方はどうなるでしょう?
漢学 2010/12/10(金) 編集
Re:今日はいいお天気
ブログへのコメントありがとうござ今す。
私ももう少し系統立てて勉強すればよいのでしょうが、何せ生来の怠け者で行き当たりばったりのいい加減な野郎なので、どうかあしからずお付き合い下さい。
 【2010/12/23】
無題
最近は、大学院の入試等で忙しいのですが、引き続きブログを拝読させてください。今後ともよろしくお願いいたします。
漢学 2010/12/23(木) 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
ハンドルネーム:
目高 拙痴无
年齢:
85
誕生日:
1932/02/04
自己紹介:
くたばりかけの糞爺々です。よろしく。メールも頼むね。
 sechin@nethome.ne.jp です。


小冊子の紹介
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 3 5
8 11 12 14
16 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[中公房 09/18]
[中公房 08/20]
[中公房 07/31]
[爺の姪 07/30]
[爺の姪 07/16]
[爺の姪 06/30]
[爺の姪 06/29]
[爺の姪 03/15]
[中公望 02/17]
[爺の姪 02/14]
最新トラックバック
ブログ内検索
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 瘋癲爺 拙痴无の戯言・放言・歯軋り All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]