瘋癲爺 拙痴无の戯言・放言・歯軋り
[2435] [2434] [2433] [2432] [2431] [2430] [2429] [2428] [2427] [2426] [2425]

ウェブニュースより
 
日本、発揮した修正力=攻撃姿勢で勝ち点1-サッカーW杯 ―― 悪くはない勝ち点1と、勝てたという悔い。強いのは後者ではなかったか。日本の勢いと漂う自信がそう思わせる。
 
試合を制御した。序盤こそセネガルの速さ、パワーに気後れ。フィジカル自慢の長友でさえ、相手を捕まえ切れない。
 
「(長友の)左サイドですらそうなら、いろんな所で負けてしまう局面が出るのではないか」。前半11分、西野監督の不安が的中し、ミスの連鎖で失点する。
 
発揮したのは修正力、対応力。徐々に感覚をつかむと、香川が密集に潜り込んで起点つくりに励み、柴崎の縦への合図で全体が連動を始める。同34分、連係に難があるワゲの背後に柴崎が長いボールを打ち込む。走り込んだ長友が乾につなぎ、同点ゴールが生まれた。



 2メートル近い相手DFをあざ笑うかのような、日本の小兵選手による痛快なゴールシーン。前日会見で、西野監督は「乾に5センチ身長を伸ばせといったら、調整に失敗して」と冗談を飛ばしたが、相手にない技術の質、小回りの良さを駆使した。
 
流れを掌握しながら、後半に勝ち越されたが、指揮官は攻撃姿勢を加速させた。本田、岡崎を投入し、2トップに切り替え、激しくプレッシャーをかける。後半33分、乾のクロスに岡崎がつぶれ役となり、フリーの本田で再び追い付いた。



 采配的中は、チームが意思を共有してるからこそ。勝ち点1を守ることも頭に入る残り10分を切ってなお、宇佐美を送り込む強気。「勝ち切れるというメッセージを送り続けたかった」と指揮官。思いは届かずも、壮快感すら残った。
 
ちょうど4年前の6月24日、日本はブラジルの地でコロンビアに惨敗を喫した。「4年前は圧倒したいところがあった。それが崩れた時に修正がきかなかった」と岡崎。紆余(うよ)曲折を経て迎えたロシアで、16強が見えた。(エカテリンブルク時事)(2018/06/25-09:17


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
梅雨の合間
今日はほんとに暑い一日でした。

サッカーは、ちらちら見る毎に、どちらかに点が入っていて、おもしろい試合だったようですね。
「半端ない」が、巷で大流行。それはそれで平和な今の日本を標榜しているのでしょう。

昨夜ネットニュースを読んでいて、サッカー以上に感動させられたのが、沖縄慰霊の日に女子中学生が発表した「生きる」という詩でした。
この詩は、右とか左とか関係なく、世代を越えて語り継いでいってほしい、いや語り継ぐべきと思いました。
これが中学生の作品とは!

毎日新聞には全文掲載されていたようですが、朝日には出なかったようです。篠山は朝刊だけなので、東京はどうでしょう?

コメント欄には長すぎるので、「前振り」のみで失礼します(笑)。

では、この暑さご自愛ください。
叔母上にもよろしく。
爺の姪 2018/06/25(Mon) 編集
プロフィール
ハンドルネーム:
目高 拙痴无
年齢:
86
誕生日:
1932/02/04
自己紹介:
くたばりかけの糞爺々です。よろしく。メールも頼むね。
 sechin@nethome.ne.jp です。


小冊子の紹介
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[MN 08/16]
[爺の姪 08/13]
[爺の姪 06/25]
[爺の姪 06/18]
[爺の姪 05/20]
[爺の姪 05/16]
[爺の姪 05/16]
[爺の姪 05/06]
[爺の姪 04/30]
[爺の姪 04/09]
最新トラックバック
ブログ内検索
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 瘋癲爺 拙痴无の戯言・放言・歯軋り All Rights Reserved
/