忍者ブログ
瘋癲爺 拙痴无の戯言・放言・歯軋り
[1111] [1110] [1109] [1108] [1107] [1106] [1105] [1104] [1103] [1102] [1101]
a0e23205.jpeg
6edb03fd.jpeg
7eeb7ea2.jpeg 




70358bc0.jpeg 寒い、寒いでズルを決め込んで、家に篭りっきりで朝の徘徊をやめていたが、足が随分弱ったらしく、500mも歩くと、膝ががくがく、脹脛はずきずきどうしようもない。まあ、毎日少しずつ歩いて徐々に慣らして回復させるより仕方あるまい。桜橋下の水上バス乗り場からテラス沿いに休み休み、吾妻橋下の水上バス乗り場まで歩いて、今度はテラス上の遊歩道を歩いては休み、休んでは歩きして、何とか帰宅した。
 ソメイヨシノはすっかり葉桜となったが、遅咲きの里ざくらが綺麗である。雑草にまじってタンポポが今を盛りと咲いている。言問橋下のスカイネストはすっかりできあがっていて、脇には展示板まで立ててある。
 
東坡志林 巻一 黎檬子
 吾故人黎錞、字希聲、治《春秋》有家法、歐陽文忠公喜之。然為人質木遲緩、劉貢父戲之為「黎檬子」、以謂指其德、不知果木中真有是也。一日聯騎出、聞市人有唱是果鬻之者、大笑、幾落馬。今吾謫海南、所居有此、霜實累累、然二君皆入鬼錄。坐念故友之風味、豈復可見! 劉固不泯於世者、黎亦能文守道不苟隨者也。
5d1e5451.jpeg〔訳〕《黎檬子》私の旧友黎錞〔れいじゅん、生卒年不祥〕は、字は希声(きせい)といい、『家学』を受けて「春秋」に詳しく、欧陽文公のお気に入りであった。しかし質朴(じみ)で動作の鈍い人だったので、劉貢父〔りゅうこうほ、1023~1089年〕はたわむれにかれに『黎檬子(のろま)』という仇名を奉った。これは彼の性質を指してつけたもので、果物の中に黎檬子(レモン)というのがあるとは全然知らなかったのである。ところがある日、馬を連ねて外出した所、商人が大きな声でこの果物を呼びたててうっていたので、大笑いしてすんでに馬から落ちそうになったものである。
 今私が流されて住んでいるこの海南島にもこれがあって、霜ふりの実がゴロゴロしている。二君はいずれもすでに鬼籍に入り、そぞろに旧友の風味を想い起すのだが、もはやふたたび相見ることもできぬ。劉君がこの世から忘れられぬは無論であるが、黎君とても文を能くし道を守って、決して凡々の人ではなかったのである。
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
もう春ですが。
 この前にお目にかかることができなくちょっと残念に思います。ぜひ今度。
 春ですが、朝晩の温度差がまだ激しいので、風を引かないようお気をつけてください。足も早く回復しますように。
シン 2012/04/19(木) 編集
プロフィール
ハンドルネーム:
目高 拙痴无
年齢:
85
誕生日:
1932/02/04
自己紹介:
くたばりかけの糞爺々です。よろしく。メールも頼むね。
 sechin@nethome.ne.jp です。


小冊子の紹介
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 3 5
8 11 12 14
16 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[中公房 09/18]
[中公房 08/20]
[中公房 07/31]
[爺の姪 07/30]
[爺の姪 07/16]
[爺の姪 06/30]
[爺の姪 06/29]
[爺の姪 03/15]
[中公望 02/17]
[爺の姪 02/14]
最新トラックバック
ブログ内検索
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 瘋癲爺 拙痴无の戯言・放言・歯軋り All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]